ほとんど0円大学 おとなも大学を使っっちゃおう

味覚が目覚める味わい!立教大学「東京ハラルデリ&カフェ」

2024年4月23日 / 美味しい大学, 大学を楽しもう

立教大学 池袋キャンパスにある、「東京ハラルデリ&カフェ」。見た目は通常の学食に見えますが、イスラム教徒(ムスリム)のための食事「ハラルフード」が楽しめるお店なんです。さっそく行ってきました。

異国感がたっぷりの学食

ちょうどサークル勧誘シーズンで、校内は活気に溢れていました

学食のあるウィリアムズホール

学食のあるウィリアムズホール

 

池袋駅西口から歩いて約7分のところにある立教大学。訪れたのはちょうど桜のシーズンで、重厚感溢れる校舎に桜が似合っていて、とてもきれいでしたよ。

 

お目当ての学食「東京ハラルデリ&カフェ」は、正門から入って右斜め奥のほうにあるウィリアムズホールの2階にあります。

コモンルームの入り口

コモンルームの入り口

 

学食はコモンルームの奥にあります。コモンルームでは学生たちが談笑したり、パソコンを開いて勉強をしたり。活気があって、いい雰囲気です。

「東京ハラルデリ&カフェ」入り口

「東京ハラルデリ&カフェ」入り口

 

「東京ハラルデリ&カフェ」は少し奥まった所にありますが、この英語の看板が目印です。

「東京ハラルデリ&カフェ」のメニュー

「東京ハラルデリ&カフェ」のメニュー

 

メニューには、カレーやナンの他、ハンバーグやロコモコ丼などもありましたよ。食品添加物を使用せず、安心安全の食材が使われているお店なんだとか。これは楽しみです!

料理はカウンターで受け取るスタイル

料理はカウンターで受け取るスタイル

高めの椅子があるなど、普通のカフェのような店内

見ただけでは、ハラルフードのお店とは気づかなさそうな店内

 

メニューは迷った結果、カレー1種&チーズナンデリセット(850円)とマンゴーラッシー(150円)にしました。食券を購入してカウンターに出すと、カレーの種類を何にするか聞かれます。週替わりカレー、チキンカレー、キーマカレー、やさいカレーの中から選べるのですが、体にやさしい料理を提供してくれるお店とのことで、中でも体によさそうな「やさいカレー」をチョイス。

カレー1種&チーズナンデリセット(850円)

 

セットには、野菜とスープが付いています。手作りのチーズナンは丸い形。適度にモチっとしていておいしい! 

 

カレーは一口食べた途端、ちょっと驚いてしまいました。これまで食べてきたカレーのイメージと異なる味わいで、味覚の集合体……という言葉が脳裏に浮かびました。甘味、塩味、酸味、苦味、うま味など、全ての味覚を一瞬にして感じられる味なんです(と言っても、酸味は少なめでしたが……)。

いろいろな味があるのに甘味やうま味が強い食べ物ばかりを追い求めていたなあ、となぜか反省。味覚が目覚めるような異国の味わいです。

マンゴーラッシーは、すっきりした味わいで飲みやすかったです。(贅沢をいえば、もっと大きなグラスでゴクゴク飲みたい〜)

 

立教大学には、他にも複数の学食があります。時間があるときに立教大学の学食巡りをしても楽しそうですね。

 

ギターで自由に演奏できる、桜美林大学のカフェ「Coffee Stand88+」

2024年3月21日 / 美味しい大学

2020年春にオープンした、桜美林大学 東京ひなたやまキャンパス。ここでは演劇、ダンス、声楽、デザイン、映像制作などが学べ、近隣地域と共生しながら、芸術の創造や発信をする拠点として誕生しました。そんな同キャンパス桜美林芸術文化ホール1階にあるCoffee Stand88+(コーヒースタンドパチパチ)は、ギターの演奏が楽しめる、おしゃれな雰囲気のカフェです。通りからも入りやすいつくりで、一般客も多く利用しています。今回はそんなCoffee Stand88+で、懐かしい味に出会ってきました!

 

デザイン性に優れた、明るいカフェ

桜美林芸術文化ホールは、パイプオルガンが設置された「プロビデンスホール」や、演劇やダンスなどの演出ができる「ストーンズホール」などがあるアートの拠点です。

 

1階には「ひなたやま交流プラザ」「ひなたやまテラス」があり、ギャラリーとして使用できるスペースなどもあります。開放的なオープンスペースには、グランドピアノが置かれていました。

 

そして今回のお目当てであるカフェ「Coffee Stand88+」は、外から入る正面入口の他、オープンスペースから入る入口もあります。

店舗入口付近には、グランドピアノが!写真右側からも店内に入れます

店舗入口付近には、グランドピアノが! 写真右側からも店内に入れます

ガラス張りの外観。門などはない造りのため、とっても開放的!

ガラス張りの外観。門などはない造りのため、とっても開放的!

 

まずは、正面入口から入ってみましょう! 歩道から数段の階段をのぼり、写真右側のスロープの先に入口はあります。

 

店内は、片面の壁がコンクリート仕上げのスタイリッシュなデザイン。木製のテーブルからはぬくもりが感じられ、高めの天井は白色で照明もおしゃれです。

奥行きのある明るい店内

奥行きのある明るい店内

 

店内にはなぜかギターが置いてありました。自由に弾いていいそうです。

 

弾きたい!

と思うも、楽器に疎い筆者。こういうときにサッと演奏できる人に憧れつつ……まずは、注文です。

店内には、ギターが用意されています

店内には、ギターが用意されています

 

カウンターでの注文スタイル。ドリンクなどはその場で作って渡してくれますが、フードなどの時間がかかるものは席まで届けてくれます。

大手コーヒーチェーン店でよく採用されているスタイルですね。

 

店内のメニューはナポリタン(一般750円/学生650円)、チキンステーキプレート(一般850円/学生750円)、サラダカップ(一般490円/学生390円)、カフェラテ(一般470/学生370円)、ニューヨークチーズケーキ(学生・一般/460円)など、スイーツからがっつりメニューまで揃っています。

 

今回は、オーソドックなメニューだからこそ味の違いがわかりやすいナポリタンのほか、サラダカップやアイスカフェラテを注文しました。

 

懐かしい味わいのナポリタンを食べて、まったりくつろぐ

ナポリタンがやってきました! 見た目は、オーソドックスなザ・ナポリタンといった感じ。食べてみると麺はもちっとしていて、具材との絡み具合が抜群です。ベーコンのこんがりとした焼き具合もちょうどよく、アクセントになっていました。

サラダもボリュームたっぷり!

サラダもボリュームたっぷり!

 

サラダカップは本来、テイクしアウトしやすいようにカップに入っているのですが、食べやすいようにお皿に入れて提供してくれました。ドレッシングなしでも十分においしい野菜だったので、まずはドレッシングなしでいただき、少し食べてからドレッシングをかけてと、味を変えて二度楽しんじゃいました。

 

カフェラテもコーヒーの味がしっかりしているためか、コク深くておいしかったです。

筆者が入店したときは、一般の方の多くがコーヒーを飲んでいる様子が見られました。味も雰囲気も最高なので、地域の方々に愛されているんだなあと感じました。

 

残念ながらギターを弾いてくれる方は現れずでしたが、日差しがあたたかく心地いいためか、長居したくなるカフェでした!

学食なのにベビーコーナーもある! 國學院大學 たまプラーザキャンパスの「カフェラウンジ万葉の小径」

2024年2月29日 / 美味しい大学

國學院大學 たまプラーザキャンパスは、東急田園都市線たまプラーザ駅から歩いて約5分の場所にあります。広大な野球場やグラウンドを中央にし、向かい合わせるように各棟がたっています。中央に建物が建っていないので、より開放感があります。そんな同大學の2号棟にある学食「カフェラウンジ万葉の小径」に行ってきました。

 

グラウンドの緑と空が心地いいカフェ

ナビを見ながら歩いて行くと、大学 らしき建物を発見。グラウンドの左手に見える緑色の屋根の立派な建物が、國學院大學の教室や多目的ホールなどがある「若木21」です。グラウンドの右手には、同大学の1号館があり、その奥に「カフェラウンジ万葉の小径」のある2号館があります。

一般人の通れる歩道。右手には1号館と2号館

一般の方が通れる歩道。右手には1号館と2号館

奥の2号館にある「カフェラウンジ万葉の小径」は、1号館の外階段、もしくはスロープをのぼっていく

奥の2号館にある「カフェラウンジ万葉の小径」は、1号館の外階段、もしくはスロープをのぼっていく

 

さっそく「カフェラウンジ万葉の小径」に入ってみましょう。カフェラウンジ内のテーブルや椅子、壁などは、木目調のデザイン。壁や柱には、色彩豊かな絵画などが飾られています。

 

しかもなんと!学内のカフェラウンジなのに、赤ちゃんが遊べるコーナーがあるんです。それもそのはず。幼児教育・保育、初等教育そして健康管理の現場で活躍する「人づくりのプロ」を育成する人間開発学部の学生さんが通うキャンパスだけありますね。

テラス席もあるので、ここなら子どもと一緒に訪れても、安心して食事が楽しめます。

 

赤ちゃんコーナーがあることで、学生以外の方も歓迎されていると視覚的にもわかりやすいためか、一般の方が数名で訪れていました。

2023年の5月にリニューアルして、まだ1年経っていないだけあり、とてもきれい!

2023年の5月にリニューアルして、まだ1年経っていないだけあり、とてもきれい!

開放的なテラス席

開放的なテラス席

絵本やおもちゃなどがある、赤ちゃんが遊べるコーナー

絵本やおもちゃなどがある、赤ちゃんが遊べるコーナー

 

100食限定の麺「韓ラーメン」とスイーツも

注文は、食べ物類に関しては食券を購入してカウンターに出すシステムです。ドリンクやアイスは、食券購入の必要はなく、カウンターで注文してその場で代金を支払います。

 

メニューは、日替り定食(学生300円、一般550円)、定番丼(学生250円、一般450円)、日替り丼(学生300円、一般500円)、日替り麺(学生300円、一般500円)です。メニュー表によると、韓ラーメンは先着100食限定らしいので、韓ラーメンとサラダ(150円)を頼んでみることに。

サラダと韓ラーメン

サラダと韓ラーメン

 

出てきたのは、いかにも辛そうな色をしたラーメン。野菜がたっぷり入っていて、食欲をそそります。食べてみると、見た目ほど辛くありません。でも勢いよく食べると、辛味が喉にダイレクトに伝わり、むせそうになります。そして、だんだんと体の中があたたまり、汗もでてきましたよ。

 

辛いだけではなく、魚介の旨みが効いたスンドゥブスープと、上にのったシャキシャキもやしとの相性が抜群。「辛い!」「おいしい!」の繰り返しで、おかわりしたくなる味わいでした。

 

ペロッと食べて、お腹がいっぱいになりました。

 

でもスイーツは別腹なので、食後用デザートとしてソフトクリームをオーダー。青空を眺めながら食べるアイス。あー、なんてしあわせなんでしょう!

生クリームのような濃厚な味わいのソフトクリーム

生クリームのような濃厚な味わいのソフトクリーム

 

散歩がてらのんびり訪れたいカフェ

同カフェの名前と同じ「万葉の小径」は、学内にある遊歩道のこと。取材した日は、残念ながら遊歩道の入り口に鍵がかかっていて入れませんでしたが、ランチのあとに散策しても楽しそうです。

 

多摩プラーザ駅周辺は商業施設が多いエリアですが、周辺はどこかのんびりした雰囲気。大きな空を感じながらランチや散歩をすれば、気持ちもリフレッシュできそうです。

 

しかも筆者が行った日は、学生も少なくのんびりとした時間が過ごせました。リーズナブルなうえ、くつろげて穴場なスポットかも!

 

ぜひ近くに訪れた際は、立ち寄ってみてください。

2023年リニューアルした和洋女子大学18階のカフェでランチとグラススイーツを食べてきた!

2024年2月15日 / 美味しい大学

千葉県市川市にある和洋女子大学は、和洋裁縫女学院を母体として生まれた大学です。そんな同大学国府台キャンパスにある学食が、2023年9月4日にリニューアルオープン。早速、新学食「Wayo DINER」に行ってきました。こちらは学生と教職員、そして文化資料館に来館された人だけが利用可能な場所。地上18階にあるので、スカイツリーや天気のいい日は富士山も楽しめますよ!

 

絵画のような刺繍芸術を堪能できる「文化資料館」

カフェや文化資料館のある東館は、大学内で一番背の高い建物です。まずは文化資料館に行ってみることに!

キャンパス内でひと際目立つ東館の外観

キャンパス内でひと際目立つ東館の外観

文化資料館入り口

文化資料館入り口

刺繍の世界を表現した作品展のポスター

刺繍の世界を表現した作品展のポスター

 

文化資料館は、東館の17階にあります。筆者が行った際は、令和5年度 企画展「彩繍の世界 ~赤坂むつ子作品展~」(開催期間/2023年10月16日~11月9日)が開催されていました。菊柄の屏風や、金色の鳥の姿が美しい絵画的作品など、刺繍芸術の奥深さが感じられる展示が無料で楽しめて、大満足です。

 

お腹が空いたから「Wayo DINER」へ!

煌びやかな芸術を眺めていたらお腹がすいたので、1つ上の階にある「Wayo DINER」へ。カウンターで注文をして料理ができたら受け取る、一般的なカフェと同じスタイルです。しかもおしゃれなメニューが揃っています。

地上18階からの眺めを楽しみながら、ランチがいただける

地上18階からの眺めを楽しみながら、ランチがいただける

学食とは思えないメニューの数々

学食とは思えないメニューの数々

 

エッグベネディクト(ドリンクセット680円、単品600円)、プルドポークバーガー(ドリンクセット680円、単品600円)、チリドッグ(ドリンクセット700円、単品620円)などのフード類のほか、コーヒーや紅茶(ともにM250円、L280円)、ノンアルコールカクテル(M320円、L370円)などがラインナップ。14時からは、スフレパンケーキやドーナツなど、スイーツメニューもありました。

 

今回は、エッグベネディクトと気まぐれドリンクをチョイスしてみました。気まぐれドリンクは人気で、多くの人が頼んでいました。ちなみにこの日の気まぐれドリンクは、ブルーレモネードでした。

エッグベネディクトと気まぐれドリンクのセット

エッグベネディクトと気まぐれドリンクのセット

 

エッグベネディクトのたまごがムチっとしていて食欲がそそります。こちらのたまごは、もちろん半熟。パンはやさしい甘みのあるパンで、ベーコンの塩みや食感がアクセントになっています。

とろっとした卵を絡めていただきます!

とろっとした卵を絡めていただきます!

 

筆者的隠れヒットは、小鉢に入った野菜です。生野菜かな? と思いきや、柑橘系の香りがふわっと香る漬物で、ごはんも食べたくなりました。

 

気まぐれドリンクのブルーレモネードは見た目だけではなく、中身も爽やか。ベースのレモネードが甘すぎずちょうどいい味わいなので、すっきりしていて飲みやすかったです。

 

注文率が高い、あれは何だ?!

訪れる学生をよく見ていると、多くの人が緑色の「気まぐれグラススイーツ」を手にしていました。これは気になる! ということで、筆者も注文してみました。

とっても気になる! 気まぐれグラススイーツ(350円)

とっても気になる! 気まぐれグラススイーツ(350円)

 

この日の気まぐれグラススイーツは「クリームピスタチオプリン」。緑色は、ピスタチオの色だったことが判明しました。

 

プリンは、ほどよい甘さでピスタチオの風味がふわっと口の中に広がります。プルプルなめらかなプリンの下には、サクッとしたクッキー。プリンみたいなパフェのような……プチ贅沢な気分が味わえるグラススイーツでした!

 

文化資料館で芸術を楽しんで、地上18階でランチを味わう。大学でそんな時間が過ごせるなんて、すてきですね。美しいものやおいしいものをいただくと、心が和みます。「ちょっと癒やされたい〜!」と感じたら、芸術と食を満喫しに足を運んでみてはいかがでしょうか。

高い天井と大きな窓! 2023年開校の東京情報デザイン専門職大学でランチ

2023年10月31日 / 美味しい大学

東京・江戸川区初の4年制大学として、2023年4月に誕生した東京情報デザイン専門職大学。IT人材やエンターテイメントコンテンツ系人材の養成を目指した大学だそうです。

最寄り駅である都営地下鉄「東大島」駅から大学までの間には、春にはお花見が楽しめる「大島小松川公園」があって、とても気持ちいい立地に生まれました。そんな同大学にあるおしゃれなカフェに行ってきました!

 

日差しが心地いい、開放的なカフェ

お目当てのカフェは、階段を上がって左側に建つ「North棟」にあります。大学にありがちな大きな門や塀はなく歩道からスッと入れるので、地域に開かれた雰囲気がいいですね!

門も塀もないキャンパス。カフェは階段を上がって左側の棟にあります

カフェは階段を上がって左側の棟にあります

ラーメンや丼物など、学生のお腹を満たすメニューの数々

ラーメンや丼物など、学生のお腹を満たすメニューの数々

 

カフェ内に入ると白を基調とした内装に、木のぬくもりを感じるテーブルが映えて、とてもおしゃれです。

窓の多さや天井が特徴的

窓の多さや天井が特徴的

 

そして何より大きな窓から、陽光が差し込み心地いいんです!

きっと中央部分の天井が高くなっていることで、より開放感が得られるのだと思いました。

 

ランチを食べながらウトウトしている学生もいて、ここで寝たら気持ちいいだろうな……なんて感じましたよ。

数人掛けのブース席(写真右上)も。筆者が行った時間帯は、「学生優先席」と書かれたプレートが置かれていました

数人掛けのブース席(写真右上)も。筆者が行った時間帯は、「学生優先席」と書かれたプレートが置かれていました

 

さっそく注文! そのお味は?

注文の際は、一般的な学食と同様、まず食券を購入しカウンターに出すと料理が提供されるシステムです。

 

メニューはとてもリーズナブル。たとえば、セットA・B(ご飯と味噌汁付き)は500円、丼(味噌汁付き)は350円、中華麺・和麺は320円と、1コインで済んでしまううれしい価格帯。日によってメニューが違うので、毎日通っても、いろいろな味が楽しめそうです。

学生はドリンク無料ですが、一般の人は有料なので気をつけてくださいね。

 

お味噌汁付きのかき揚げ丼と、ドリンク(100円)を注文してみました。

タレが染みていておいしい、かき揚げ丼

タレが染みていておいしい、かき揚げ丼は350円とリーズナブル!

 

正直、もっとたくさん具材が入っているイメージだったので、お腹いっぱいになるかなとちょっと不安に……。でも、食べてみると結構なボリューム。しかも激うまなんです!

 

甘塩っぱいタレが染み込んでいるのに、カリッと食感も残っていて、感激! かなりおいしかったうえ、ご飯もたくさん入っていてお腹いっぱいになりました。

さすが、学生の胃袋を満たす学食ランチメニューでした。

 

ちなみに12:40〜13:40の時間帯は学生が多く利用するため、一般客の利用時は学生への配慮が必要とのことです。カフェの営業時間は11:30〜14:30。学生が多い時間を避けていくのがおすすめです。

 

ところどころコンセントのある席が用意されている点もうれしい! パソコンを持ち合いながら談笑する学生の姿も見られましたよ。

 

 

公園にも近い立地なので、散策がてら足を伸ばしてもゆったりできるランチスポットです。料理の味も雰囲気も、きっと満足できると思います!

銀座の味が楽しめる!世界的建築家が設計した芝浦工業大学 豊洲キャンパス「銀座シシリア豊洲店」

2023年8月24日 / 美味しい大学

芝浦工業大学 豊洲キャンパス内に、2022年9月にオープンしたレストラン「銀座シシリア豊洲店」は、国際的建築家 坂茂(ばん しげる)氏が設計したレストラン。店内からは、大学のシンボル的存在の美しい花壇のある大階段が見え、階段を超えた向こう側には運河が流れる……そんな魅力的な場所にあります。

 

再生紙の紙管を主体材料としてつくられた店内

銀座シシリア豊洲店は、50年続く銀座の老舗イタリアン「銀座シシリア」の伝統的な味が楽しめるお店。店内の天井や間仕切り壁をはじめ、家具にも再生紙でつくられた紙のパイプ「紙管」が使われ、あたたかみのある雰囲気。店内の3面は下から上に開くシャッターガラスになっていてすべて開けると、まるで外にいるかのような開放的な雰囲気になります。

波を打ったような天井が印象的

波を打ったような天井が印象的

椅子や間仕切りにも紙管を使用。窓はフルオープンにできる

椅子や間仕切りにも紙管を使用。窓はフルオープンにできる

 

豊洲キャンパスの周辺には高層マンションやオフィスビル、学校、商業施設などがあり、小さな子どもがいる若い家族世帯も多く住むエリア。そのため学生はもちろん、子ども連れや社会人の方々が、気軽に立ち寄りやすいようにと、オープンなシャッターガラスを採用することで、外と内の境目をなくしたつくりにしたそうです。

奥には大階段の花壇が見える。カラフルな椅子もオリジナル

奥には大階段の花壇が見える。カラフルな椅子もオリジナル

椅子にまで紙管がアクセント。徹底したこだわりが随所に見られる

椅子にまで紙管がアクセント。徹底したこだわりが随所に見られる

一度は座ってみたくなる変わったデザインの椅子も

一度は座ってみたくなる変わったデザインの椅子も

 

「銀座シシリア豊洲店」にきたら、やっぱりコレ!

店内が上質な雰囲気のため、とても高そうな印象を受けるのですが、実は料理はどれもリーズナブル。たとえば、ナポリタンスパゲッティセット スープ付(一般750円)、ラザニア(一般800円)、ランチプレート(一般900円)と、通いやすい価格になっています。注文方法も、学食らしく呼び出し用ブザーが鳴ると料理を自ら取りに行くフードコートスタイルです。ちなみに、芝浦工業大学の大学生や教職員には、さらにリーズナブルな価格で提供しているのだとか。

 

今回は、銀座本店でも人気な海老のナポリタンスパゲティ(一般1,280円)と、ピザ(マルゲリータ 一般880円)をオーダーしました。

 

ナポリタンは、銀座本店の50年続く伝統の味。濃厚なケチャップが使われ、細切り玉ねぎに、ピーマン、マッシュルームにベーコンと、王道の具材。麺はナポリタンらしく少し太めなので、食べ応えがあります。お洒落なレストランのパスタは一般的に麺が少ない印象ですが、こちらのパスタの麺の量は200gと、おいしくいただきながら、お腹いっぱいになりました。

ディナー時に提供される「エビのナポリタン」。ランチの「ナポリタンスパゲティ」にはエビなしで750円とリーズナブル

ディナー時に提供される「エビのナポリタン」。ランチの「ナポリタンスパゲティ」にはエビなしで750円とリーズナブル

 

また、スパゲティ以外にも銀座シシリアはピザが名物。一般的なピザは丸い形をしていますが、四角い形をしています。

1950年代のイタリアにはさまざまな種類のピザがあったそうです。なかでも、シチリア島のパルレモでは「スフィンチョーネ(別名シシリアンピザ)」と呼ばれる四角いピザが、庶民のフードとなり現在でもストリートフードとして愛されています。

 

そんなシチリアに伝わる「スフィンチョーネ」が由来の銀座シシリア四角いピザ。重たくないので、ついパクパク食べてしまいました。行かれた際はぜひ試してみてください。

特徴的な四角いピザ

特徴的な四角いピザ

 

季節ごとのメニューも出していて、今なら夏季限定ビアテラスを開催。開放的なテラススペースで、肉料理を中心としたBBQメニューがいただけます。ビアテラスは8月31日(木)まで開催中。この夏の思い出に、いかがでしょうか。

1日限定 20 食のビアテラスセットは、豚ロース、鶏肉、ソーセージ、スペアリブ、野菜とすべて国産食材のセットメニュー(4人1 組5,000 円 ※要予約)。腕利きのシェフが厨房でちょうど良い具合に焼いて出してくれるので、煙が気になる人も、小さな子どもがいるご家族でも快適にBBQ料理が楽しめます

1日限定 20 食のビアテラスセットは、豚ロース、鶏肉、ソーセージ、スペアリブ、野菜とすべて国産食材のセットメニュー(4人1 組5,000 円 ※要予約)。腕利きのシェフが厨房でちょうど良い具合に焼いて出してくれるので、煙が気になる人も、小さな子どもがいるご家族でも快適にBBQ料理が楽しめます

 

ラフに立ち寄れて、くつろげるレストラン

開放的な空間で、おいしいランチやディナーが味わえる「銀座シシリア豊洲店」。周辺には運河や大階段の花壇などもあり、散歩コースの休憩スポットとして活用しても心地いいスポットだなと感じました。味や外観は本格的なレストランなのに、価格はリーズナブル。フラッと立ち寄りやすい雰囲気もあり、リピートしたくなる要素満載のお店でした!

東京薬科大学で緑に癒やされながらのレストランランチ

2023年8月10日 / 美味しい大学

1880年に創設され日本最古の私立の薬科大学といわれている、東京薬科大学。東京ドーム6個分の広々とした八王子キャンパス内には、緑がいたるところにあり四季折々の自然が楽しめます。

今回はそんな東京薬科大学の図書館棟1階にある、レストラン「マグノリア」に行ってきました。

 

学生の胃袋を満足させるボリューム満点ランチ

お目当てのレストランは、大学の入り口から真っ直ぐ進み階段を登った左側の棟にあります。

レストラン「マグノリア」が入る図書館棟(写真奥)

レストラン「マグノリア」が入る図書館棟(写真奥)

 

店内に入ると、奥には一部吹き抜けの空間が広がり、壁側にショウズクやナンテンなどの植物が植えられています。ショウズクの種子は香料やスパイスなどに使われているといった、薬用植物としてどんな用途で使用されているかがわかる解説文がつけられていて、見ているだけで楽しめます。

天井が一部吹き抜けになっている店内。写真左壁面には緑が植えられたゾーン

天井が一部吹き抜けになっている店内。写真左壁面には緑が植えられたゾーン

1人席には教室の机を彷彿とさせるテーブルが!

1人席には教室の机を彷彿とさせるテーブルが!

 

メニューは定食ランチ(530円)や特製カレー(400円)といった定番メニューのほか、体にやさしい健康応援ランチ(490円)もあります。

購入する際は機械でチケットを購入のうえ、カウターにチケットを出すスタイルです。機械は現金のほか電子決済も可能です。

定食から麺類、パスタなど種類も豊富なランチメニューがラインナップ

定食から麺類、パスタなど種類も豊富なランチメニューがラインナップ

 

今回は定番メニューだからこそ、味にはこだわりたい唐揚げ定食をチョイス。唐揚げはお肉が柔らかくてジューシー! 噛んだ途端ザクッというのが、何とも気持ちいいです。

お米は長野県産の減農薬ブランド米で炊き上げられたふっくらとした食感。ダシがしっかりと利いているお味噌汁もついています。

 

ボリューム満点のランチは、唐揚げ定食が一番人気なのだとか。筆者には少々ヘビーな量でしたが、学生さんを見ているとみなさん美味しそうに完食していたので、学生さんたちにはちょうどいいボリュームなのかもしれません。

とても柔らかくふっくらとした鶏肉の唐揚げなので、ぜひ食べてみてくださいね。

唐揚げは、数種類の調味料で下味されたこだわりよう

唐揚げは、数種類の調味料で下味されたこだわりよう

 

またコーヒー好きにたまらないのが、ヨーロッパのカフェブランドとして有名なCOSTAのコーヒーが購入できる点。こちらは電子決済のみの対応となります。

COSTAのコーヒー購入時は、写真左側にある機械で電子決済

COSTAのコーヒー購入時は、写真左側にある機械で電子決済

植物を眺めながらランチやコーヒーが楽しめる

植物を眺めながらランチやコーヒーが楽しめる

 

東京薬科大学らしさも魅力

東京薬科大学内には食堂以外にも、一般人も入れる薬用植物園があります。そこには、さまざまな薬用植物が育てられていて、医療品の研究にも使われています。

 

そんな背景のある大学のためか、レストランまでの道のりでもたくさんの植物に出会えます。

薬用植物ならではの説明書きが書かれている植物も見られましたよ。たとえばクスノキには「【用途】局所刺激、強心、防虫」と書いてありました。筆者はクスノキを見て「癒やし」を感じますが、東京薬科大学の学生は癒やしだけではなく、植物の持つ効能や用途に目を向けるなど、植物の見方が違うのかなと感じました。

 

興味を持たれた方は、レストラン「マグノリア」でゆっくりしたあとは、東京薬科大学内にある薬用植物園を楽しむのもいいですね。

クスノキの解説文。「用途」の記載が薬科大ならでは

クスノキの解説文。「用途」の記載が薬科大ならでは

落語が楽しめる!大正大学が運営に協力している「ガモール志學亭」で、がっつりステーキ丼を食べてきた。

2023年7月20日 / 美味しい大学, 大学を楽しもう

2021年6月にオープンしたガモール志學亭(しがくてい)は、大正大学と巣鴨地域の3商店街などが共同で設立した一般社団法人コンソーシアム巣鴨花街道が運営するカフェです。

 

店内では美味しいお食事やスイーツ、ドリンクなどのほか、日時が合えば落語も鑑賞できるガモール志學亭。「これは面白そう!」ということで、行ってきましたよ!

落語も楽しめるカフェ

JR巣鴨駅から歩いてすぐの巣鴨地蔵通り商店街の一角にあるガモール志學亭。店内には縁起が良いとされる七宝柄のオブジェや壁紙が用いられ、和モダンな雰囲気です。落語鑑賞ができるお店とあって、外国人観光客も訪れるそうです。

天井と壁にある七宝柄

天井と壁にある七宝柄

 

取材当日は寄席が行われる日で、カフェ内はみるみる満席に。ガモール志學亭の店長でもあり、大正大学地域構想研究所の立川志らら氏が「ざる屋」「大山詣り」「短命」などの演目を披露。取材をした6月は、オープン2周年となる記念月。そのため「何となくおめでたい演目」を集めたそうです。内容はもちろんですが、本当に誰かと会話をしているみたいに語る姿に惹きつけられ、あっという間の約1時間でした。

 

ちなみに立川志らら氏は立川流の落語家でありながら、慣れない動きなどをして脳に適度な刺激を与え、活性化を図る「シナプソロジー」のインストラクターでもある人物。その知見を活かし、ガモール志學亭で「シナプロジー×落語」のイベントを行うこともあるそうですよ。

立川志らら氏の寄席を楽しむお客さんで店内は満席

立川志らら氏の寄席を楽しむお客さんで店内は満席

寄席を楽しむには、木戸銭として1300円(ワンドリンク・菓子付き)が必要

寄席を楽しむには、木戸銭として1300円(ワンドリンク・菓子付き)が必要

 

そんなガモール志學亭には、現在7名の学生スタッフが勤務。イベントの運営のほか、商品開発に関わることもあるそうです。たとえば甘酒を飲みやすく牛乳で割ったドリンクを開発する際は、学生スタッフの意見を参考にして牛乳の割合などを調整。最初はミルク甘酒として提供する予定でしたが、学生のアドバイスで甘酒ラテ(450円)というちょっぴり今っぽさを取り入れたネーミングになったそうです。

ガッツリメニューから、スイーツまで!

メニューとしては、ステーキ丼〈小鉢・味噌汁付き〉(880円、ドリンクセット1100円)、ハンバーグプレート〈ライス・サラダ付きワンプレート〉(830円)、本日のパスタ(830円)などのフードメニューのほか、フルーツタルト(450円、ドリンクセット700円)、ガモールクレープ(450円)などスイーツも充実しています。

 

今回は学生スタッフの方がおすすめしてくれた、ステーキ丼とフルーツタルトを頼んでみましたよ。

おすすめは「フルーツタルト」と教えてくれた学生スタッフさん

おすすめは「フルーツタルト」と教えてくれた学生スタッフさん

 

ステーキ丼の牛肉はとても柔らかくてジューシー! ごはんもふかふかでとても美味しかったです。丼モノにしては量は少ないのかな……と思ったのですが、器は深さがあるためお米が底まで入っていて、見た目以上のボリューム感。しかし美味しいのでペロッといただいちゃいました。

 

フルーツタルトは、これまたくだものがぎっしり。タルト生地と甘酸っぱいフルーツのバランスがちょうど良くてしあわせな気分になりましたよ。

 

がっつり系メニューも、色鮮やかなスイーツもおいしい「ガモール志學亭」。公式ホームページで寄席を開催する日時を確認したうえで行っても楽しいですし、イベントのない日にゆったり過ごしても素敵な時間が過ごせると思いますよ!

柔らかいお肉が美味しい!「ステーキ丼 小鉢味噌汁付き」

柔らかいお肉が美味しい!「ステーキ丼 小鉢味噌汁付き」

フルーツがぎっしり入った、フルーツタルト

フルーツがぎっしり入った、フルーツタルト

お店の外観

お店の外観

RANKINGー 人気記事 ー

  1. Rank1

  2. Rank2

  3. Rank3

  4. Rank4

  5. Rank5

PICKUPー 注目記事 ー

BOOKS ほとゼロ関連書籍

50歳からの大学案内 関西編

大学で学ぶ50歳以上の方たちのロングインタビューと、社会人向け教育プログラムの解説などをまとめた、おとなのための大学ガイド。

BOOKぴあで購入

楽しい大学に出会う本

大人や子どもが楽しめる首都圏の大学の施設やレストラン、教育プログラムなどを紹介したガイドブック。

Amazonで購入

関西の大学を楽しむ本

関西の大学の一般の方に向けた取り組みや、美味しい学食などを紹介したガイド本。

Amazonで購入
年齢不問! サービス満点!! - 1000%大学活用術

年齢不問! サービス満点!!
1000%大学活用術

子育て層も社会人もシルバーも、学び&遊び尽くすためのマル得ガイド。

Amazonで購入
定年進学のすすめ―第二の人生を充実させる大学利用法

定年進学のすすめ―
第二の人生を充実させる …

私は、こうして第二の人生を見つけた!体験者が語る大学の魅力。

Amazonで購入

フツーな大学生のアナタへ
- 大学生活を100倍エキサイティングにした12人のメッセージ

学生生活を楽しく充実させるには? その答えを見つけた大学生達のエールが満載。入学したら最初に読んでほしい本。

Amazonで購入
アートとデザインを楽しむ京都本 (えるまがMOOK)

アートとデザインを楽しむ
京都本by京都造形芸術大学 (エルマガMOOK)

京都の美術館・ギャラリー・寺・カフェなどのガイド本。

Amazonで購入

PAGE TOP