ほとんど0円大学 おとなも大学を使っっちゃおう

  • date:2016.10.28
  • author:河上 由起子

最新のキャンパスってこうなってます!大谷大学「慶聞館」

pa047273

京都の大谷大学に、2016年9月、新たな教室棟「慶聞館(きょうもんかん)」の中央・南エリアが2018年4月のグランドオープンに先駆けて誕生しました。地上5階建て、近代的なガラス張りの建物に京都らしいシックな色合いです。かっこ良くておしゃれな建物で、学生さん達がうらやましい!興味津々で見学させていただきました。

大谷大学は、国の登録有形文化財に指定されている「尋源館(じんげんかん)」がシンボルの歴史ある大学です。
大谷大学には文学部と短期大学部がありますが、2018年度には社会学部、教育学部が新設される予定。これからの時代に合わせたキャンパス作りが進められています。

尋源館

尋源館

 

その一つが今回ご紹介する「慶聞館」。スタイリッシュな外観ながら、どこか“和”な雰囲気も感じさせる建物で「尋源館」や他の施設ともマッチしています。

これが学び舎とは・・・!

入るとすぐの広々としたフロアには、おしゃれな椅子やソファー、海外の空港にありそうなカフェ。焼きたてのパンがどんどん運ばれていました。(カフェや学食は一般の方も利用可能!)

1階フロアの「学生ロビー」

1階フロアの「学生ロビー」

 

学生がよく利用する教務課や学生支援課、キャリアセンターなどの事務室も1階に集まっており、ガラス張りでとても入りやすい雰囲気。

自分の学生時代を思い出すと、事務室はキャンパスのあちこちに点在していたし、壁の向こうで入りづらい場所でした・・・。こうして集約されているとすごく便利!

さらに館内は吹き抜けになっており、なんとも快適な施設。いいなぁという言葉しか出てきません!

明るい光が差し込む吹き抜け

明るい光が差し込む吹き抜け

 

さて、新築のにおいがするガラス張りのエレベーターに乗り込み、まずは5階へ上がってみました。

吹き抜け横の廊下には、コモンスペースと呼ばれる、グループワークやミーティングに適した共有スペースが設けられています。

コモンスペースは学生が自由に活用できる

コモンスペースは学生が自由に活用できる

 

机やホワイトボードが並び、少人数用スペースもあり。ホワイトボードや様々なデバイスからモニターに投影してグループワークができるようになっています。

同じく5階の先生の個人研究室エリアを通り抜けると、マルチスペースが現れました。こちらはじゅうたんが敷かれ、ソファーも落ち着いたデザイン。先生方の打ち合わせや学生の自習利用はもちろん、学会のレセプションなどもできるそうです。

各階にあるこのマルチスペースは、机と椅子のデザインがそれぞれ違うものになっていて、すでにお気に入りの場所で勉強中の学生がちらほら。
pa0470212-3

マルチスペースは落ち着いた空間からカジュアルな空間と様々に設置

また、ここからは尋源館がとてもきれいに見えるんです! 「赤レンガ」の眺望を大切にした空間です。
たびたび尋源館は見ていますが、この角度は初!

歴史を感じられるビュースポット!

歴史を感じられるビュースポット!

 

また、こちらは2、4階にあるサブゼミスペースと呼ばれるところです。プロジェクタとホワイトボードがあります。

開放的な2階のサブゼミスペース

開放的な2階のサブゼミスペース


特に2階は、開放的な空間でプレゼンテーションをしたり、他の学生の発表を近くで見学できたりします。見られていると緊張しそうですが、そんな経験が刺激となり、学生の大きな成長につながるのかもしれません。

各教室もやはりガラス張り。集中力がアップしそうです!

ピリッとした空気がこちらにも伝わってくるよう

ピリッとした空気がこちらにも伝わってくるよう

通常は一般教室。机を持ち上げるとPC教室に早変わり

通常は一般教室。机を持ち上げるとPC教室に早変わり

新教室棟建設にあたり、伐採された樹木が再利用されている

新教室棟建設にあたり、伐採された樹木が再利用されている

他にも、フレキシブルスツール(腰掛け)やフレキシブルテーブルといった、学生が自由に動かして利用できる設備がたくさん。

実は、今回取材したのは慶聞館の「中央・南エリア」と呼ばれる部分で、「北エリア」は現在も建設中。完成後は慶聞館の向いにある研究施設とブリッジでつながり、より学生の学びを活性化させることが期待されています。

図書館や博物館のある施設と連結ブリッジでつながる(写真はイメージ)

図書館や博物館のある施設と連結ブリッジでつながる(写真はイメージ)

 

北エリアは2018年4月完成予定。全エリアのオープンが楽しみです!

さて、一通り見学を終えたところで、2限目終了の時間が来たようです。吹き抜けにある階段から、ランチに向かう学生たちが降りてきました。

1階のカフェか学食に続々と向かう模様

1階のカフェか学食に続々と向かう模様

 

なんと大谷大学では、学内食堂も慶聞館と同時期にリニューアルオープンされたんです。
すごい大盛りのカレーがあるとかないとか・・・!
というわけで、次回はカフェと学食のグルメレポートをお届けします!

後編はこちら!


RANKINGー 人気記事 ー

  1. Rank1

    大阪工業大学梅田キャンパス「OIT梅田タワー」外観写真 (1)
  2. Rank2

    011d043bc4070e5bb2c26bf78039ce81121f48be40
  3. Rank3

    20180713-0H1A3225 (1)
  4. Rank4

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  5. Rank5

    clarke179_

CATEGORYー 新着カテゴリ ー

PICKUPー 注目記事 ー

BOOKS ほとゼロ関連書籍

piamook

楽しい大学に出会う本

大人や子どもが楽しめる首都圏の大学の施設やレストラン、教育プログラムなどを紹介したガイドブック。

Amazonで購入
★関西の大学H1

関西の大学を楽しむ本

関西の大学の一般の方に向けた取り組みや、美味しい学食などを紹介したガイド本。

Amazonで購入
年齢不問! サービス満点!! - 1000%大学活用術

年齢不問! サービス満点!!
1000%大学活用術

子育て層も社会人もシルバーも、学び&遊び尽くすためのマル得ガイド。

Amazonで購入
定年進学のすすめ―第二の人生を充実させる大学利用法

定年進学のすすめ―
第二の人生を充実させる …

私は、こうして第二の人生を見つけた!体験者が語る大学の魅力。

Amazonで購入
フツーな大学生のアナタへ

フツーな大学生のアナタへ
- 大学生活を100倍エキサイティングにした12人のメッセージ

学生生活を楽しく充実させるには? その答えを見つけた大学生達のエールが満載。入学したら最初に読んでほしい本。

Amazonで購入
アートとデザインを楽しむ京都本 (えるまがMOOK)

アートとデザインを楽しむ
京都本by京都造形芸術大学 (エルマガMOOK)

京都の美術館・ギャラリー・寺・カフェなどのガイド本。

Amazonで購入

PAGE TOP