ほとんど0円大学 おとなも大学を使っっちゃおう

  • NEW
  • date:2019.9.10
  • author:羽田理恵子

CHANEL×京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab!若い感性が表現したブランドとの“出会い”。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

工科系単科大学の伝統校である国立・京都工芸繊維大学が、あの世界的なラグジュアリーブランドCHANELとタッグを組んだ!いったい、どんな化学反応を起こすのか?そのヒミツ、CHANEL NEXUS HALLで2019年6月22日(土)~7月4日(木)に開催された展覧会「STEP IN CHANEL——わたしがシャネルと出会ったら、」で探ってきました。

蓄積された知識とパッションを!シャネル、若者たちに門戸を開く。

会場となったCHANEL NEXUS HALLは、シャネルが日本初の路面店をオープンしたシャネル銀座ビルディングの4階です。ここは創始者のガブリエル シャネル(愛称:ココ)の“ピグマリオン精神”(才能を信じ、支援して、開花させる)を受け継いで若手芸術家・音楽家が展覧会やコンサート、エキシビションなどを開催するために作られたスペース。古い価値観にとらわれない、自由で斬新な発想のシャネルらしい企画が行われています。

CHANEL NEXUS HALL入口

CHANEL NEXUS HALL入口

 

シャネルの“ピグマリオン精神”のプロジェクトとして開催されたのが「STEP IN CHANEL——わたしがシャネルと出会ったら、」です。きっかけはシャネル会長のリシャール・コラス氏が京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab※を知り、おもしろそうな研究機関だと興味を持ったこと!というから驚きです。

 

※京都工芸繊維大学がデザインと建築を柱とする領域横断型の教育研究拠点として設立した、コラボレーションのためのプラットフォーム。国内外の研究者や企業などとともに、イノベーションの社会実装に取り組む。WEBサイト

 

今回展覧会を開くにあたり、デザインを学ぶ学生たちはブティックを訪れ、製品にふれ、アーカイブ資料をひも解き…1年程度の時間をかけ、シャネルの哲学と真髄に迫りました。そこで彼らは、シャネルが創造しているのは単なる美しい服飾や宝飾ではなく、すばらしい体験なのだと知ったといいます。

 

打ち立てたキーワードは「出会い」。キーワードを軸に、若い感性を通し、視覚的印象やイメージを用いてシャネルを自分たちなりに表現しました。

 

会場は、シャネルの本質を体験する(CHANEL Spaces of Transformation)、本質がプロダクトとなった世界をフィジカルとデジタルの融合によって表現する(SHADOW CHANEL)の2つの展示で構成。学生がシャネルと出会った時の等身大の気持ちが込められているそうです。

開催までのプロセスを映像で紹介

開催までのプロセスを映像で紹介

 

京都工芸繊維大学KYOTO Design Labラボラトリー長である岡田栄造教授は、「当初、学生たちにとってシャネルは遠い存在。それがシンプルなテーマが助けになって、学生たちの等身大の感覚とシャネルの哲学が徐々に一体化していった」(パンフレットより抜粋)と記しています。

「STEP IN CHANEL——わたしがシャネルと出会ったら、」の世界へ

「STEP IN CHANEL——わたしがシャネルと出会ったら、」の世界へ

シャネルの本質を体験するCHANEL SPACES OF TRANSFORMATION

会場に足を踏み入れた瞬間、白く輝くシャネルのロゴをモチーフにした幻想的な空間が目に飛び込んできました。その中にはブランドを象徴するツイードのジャケットが!

多くの人々を魅了してきたジャケット

多くの人々を魅了してきたジャケット

 

ここではシャネルの世界の中でブランドの本質を体験することができるといいます。フィッティング・ルームから着想を得て、自分がシャネルを着るまでに起こりえる変化を長い通路で表現したそう。

通路をたどると目の前に

通路をたどると目の前に

フィジカルとデジタルの融合SHADOW CHANEL

次の展示室は広がる陰影の世界———何があるのだろう?室内をよく見てみると、シャネルのアイテムが整然とディスプレイされていました。

不思議な空間に、ドレス、カメリア、アクセサリー、バッグ、コスメ、香水などが並ぶ

不思議な空間に、ドレス、カメリア、アクセサリー、バッグ、コスメ、香水などが並ぶ

作品の一つLittle Black Dress

作品の一つLittle Black Dress

 

Little Black Dressは足首が露出する短い丈、コルセットを取り除いたウエスト、紳士用に用いられたジャージー素材を使ったドレス。1920年代に発表され、黒い服=喪服という時代に、ココ・シャネルが新定番を生み出したシンボリックな作品です。

 

作品の足元には「Little Black Dress」などのタイトルが照明で照らされており、のぞき込むと映像が始まるギミックが隠されていました。

映像では作品が生まれた背景がわかる

映像では作品が生まれた背景がわかる

 

素材や色、形といった表面的な装いの裏側にあるココ・シャネルの思想やスタイル、そして企画から手工業まで携わるスタッフについてなど、知られざるシャネルの物語が足元に映し出されていきました。すてきな演出です!

 

次に現れたのは、黒板を彷彿させるボード。写真やメッセージ、ツイードの端切れがコラージュされています。

コラージュされたボード

コラージュされたボード

近づいて見るとメッセージやツイードが張り付けられていることがわかる

近づいて見るとメッセージやツイードが張り付けられていることがわかる

 

環境に配慮し、ブティックの椅子やソファなどの製作の際の余り布であるツイードの端切れを利用したそうです。 来場者は気に入った一枚を剥がした後に、思い思いのメッセージを書き込むことができました。

 

剥がした端切れは来場記念のお土産に♪パンフレットの表紙がポケットになっていたので、持ち帰ることができました。

ツイードを入れたパンフレット。激レアです!

ツイードを入れたパンフレット。激レアです!

ハイブランドが生み出した新しい出会いのカタチ。

 「ブランドの名前はもちろん知っていたけど、高いだけでしょ、みたいな。煌びやかなイメージだったけど、シンプルというか、ミニマムなイメージをもちました」。今回のプロジェクトに携わった京都工芸繊維大学の学生は、こう答えてくれました。

 

展覧会では、シャネルをコスメで体験してもらうメイクルームを併設。有名な香水をはじめ、独特な色彩を放つメイクアップ・アイテムや、メンズ・コスメもラインナップされていました。アーティストがメイクアップをしてくれるという土日限定のイベントは老若男女に大盛況!今回を機にシャネルとの新たな出会いを経験した男性も多かったようです。

設置されたメイクルーム。女優気分を味わえそう!

設置されたメイクルーム。女優気分を味わえそう!

シャネル銀座ビルディング

シャネル銀座ビルディング

 

ココ・シャネルが無名時代から支援してきたパブロ・ピカソやルキノ・ヴィスコンティ、ジャン・コクトーに続く芸術家が「STEP IN CHANEL——わたしがシャネルと出会ったら、」から旅立ってくれることを願います。


RANKINGー 人気記事 ー

  1. Rank1

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  2. Rank2

    011d043bc4070e5bb2c26bf78039ce81121f48be40
  3. Rank3

    大阪工業大学梅田キャンパス「OIT梅田タワー」外観写真 (1)
  4. Rank4

    1
  5. Rank5

    1

CATEGORYー 新着カテゴリ ー

PICKUPー 注目記事 ー

BOOKS ほとゼロ関連書籍

Print

50歳からの大学案内 関西編

大学で学ぶ50歳以上の方たちのロングインタビューと、社会人向け教育プログラムの解説などをまとめた、おとなのための大学ガイド。

BOOKぴあで購入
piamook

楽しい大学に出会う本

大人や子どもが楽しめる首都圏の大学の施設やレストラン、教育プログラムなどを紹介したガイドブック。

Amazonで購入
★関西の大学H1

関西の大学を楽しむ本

関西の大学の一般の方に向けた取り組みや、美味しい学食などを紹介したガイド本。

Amazonで購入
年齢不問! サービス満点!! - 1000%大学活用術

年齢不問! サービス満点!!
1000%大学活用術

子育て層も社会人もシルバーも、学び&遊び尽くすためのマル得ガイド。

Amazonで購入
定年進学のすすめ―第二の人生を充実させる大学利用法

定年進学のすすめ―
第二の人生を充実させる …

私は、こうして第二の人生を見つけた!体験者が語る大学の魅力。

Amazonで購入
フツーな大学生のアナタへ

フツーな大学生のアナタへ
- 大学生活を100倍エキサイティングにした12人のメッセージ

学生生活を楽しく充実させるには? その答えを見つけた大学生達のエールが満載。入学したら最初に読んでほしい本。

Amazonで購入
アートとデザインを楽しむ京都本 (えるまがMOOK)

アートとデザインを楽しむ
京都本by京都造形芸術大学 (エルマガMOOK)

京都の美術館・ギャラリー・寺・カフェなどのガイド本。

Amazonで購入

PAGE TOP