ほとんど0円大学 おとなも大学を使っっちゃおう

  • date:2016.10.24
  • author:蔵麻子

全国のALOOK で販売!京都精華大と鯖江のコラボ眼鏡!!(前編)

001

日本初の試みが京都精華大学で実現した。眼鏡の聖地とも呼ばれる日本トップの生産地・鯖江にある(株)ボストンクラブとALOOK や眼鏡市場ブランドでおなじみの眼鏡小売チェーン(株)メガネトップが、同大学デザイン学部 プロダクトコミュニケーションコースとコラボレーション。学生がデザインした眼鏡が商品化され、2016年11月11日より全国のALOOK(一部店舗を除く) で販売される。プロのハートを射止め商品化を実現させた、3人の学生のサクセスストーリーを追った。

これが商品化された「SEIKA モデル」

まずは完成した眼鏡を紹介しよう。セットとなるセリート(メガネ拭き)のデザイン、専用ケースの生地セレクトやロゴも学生が手がけた。
img_3436
img_3438 img_3496

【商品名:結(yui)】
和服姿の女性に似合う眼鏡をテーマに、結婚祝いに使われる飾り紐「淡路結び」をモチーフとして取り入れ、「人と人、人と眼鏡の絆を末永く結ぶ」願いを込めてデザイン。和装時は髪をアップにすることが多いことから、サイドにネイルのような模様をあしらいポイントに。テンプル(ツル)の裏側には淡路結びの文様が描かれ、眼鏡を外した後も「和」を演出。


img_3469 img_3499

【商品名:DIGNITY】
動物の美しい曲線美をデザインに生かしたいという考えから生まれた眼鏡。DIGNITY とは威厳や品格の意。鷲(ワシ)をモチーフに美しく力強い印象を与えるラインを追求し、レンズの上のブリッジには厚みを持たせる一方で斜めにカットを入れてスタイリッシュに。羽毛をイメージしたテンプルを伸ばすと、飛翔する鷲を思わせるデザインとなっている。


img_3480 img_3483

【商品名:hanagoromo】
桜をモチーフに、綺麗と可愛いを兼ね備えた「凛かわいい」眼鏡を追求。花だけでなく樹木として見ても美しい桜を、花びらと幹の色のグラデーションで表現。「花筏(水面に散った桜の花びら)」、「花嵐(散り乱れた桜)」、「花あかり(満開の桜が闇夜をほのかに明るく見せる様)」をイメージして色展開をしている。フロントのサイドには桜の花びらの形が。

浴衣姿で企業担当者にプレゼン。まさかの商品化!

先ほど紹介した眼鏡をデザインしたのが、長谷川千波さん、藤田悠貴さん、北野瑠菜さんの3名だ。彼らは京都精華大学デザイン学部プロダクトコミュニケーションコースの学生であり、昨年2015 年に開講された「アイウェア・デザイン」講座を通じて商品化された眼鏡のプロトタイプを作り上げた。同講座の講師は、福井県鯖江市のアイウェアデザイン会社・(株)ボストンクラブのデザイナーである笠島博信氏と脇聡氏。なおデザイン系の大学において、アイウェアデザインを専門的に学ぶ授業は日本初の試みだ。

左から長谷川千波さん、藤田悠貴さん、北野瑠菜さん

左から長谷川千波さん、藤田悠貴さん、北野瑠菜さん


DIGNITY をデザインした藤田悠貴さんは「受講当初は、自分のデザインが商品化されるなんて想像もしていませんでした」と当時を振り返る。「ですが講師のお二人が、僕らの作品を見て『思った以上に意欲的で面白い。何もしないのはもったいない』と。完成した作品をオープンキャンパスで展示するときに、(株)メガネトップ商品開発部の方を招いてくださったんです。プレゼンの機会もいただけたので、僕らも気合をいれて臨みました」。

結(yui)をデザインした長谷川さんは「周りからのアドバイスで浴衣姿でプレゼンに臨んだ」と照れ笑い。「女性向けの小物や雑貨のプロダクトを手がけてみたいと思っていたので、この講座を受講しました。プロのデザイナーから求められるレベルは高く、授業というより仕事を教えられている感覚で緊張感がありました」と語る。

hanagoromoをデザインした北野さんは、眼鏡制作を通じてデザイナーとしての覚悟を学んだという。「講師のお二人がいう『自分が欲しい眼鏡を作ればいい』という言葉を最初は素直に受け止めていたのですが、制作を通じてその奥の意味に気付きました。デザイナーをめざすなら自分が作りたいものに責任を持たなければいけないんだ。『自分が欲しい眼鏡=自信を持って売れる眼鏡』をデザインしなければいけないんだなと」。

6517 hanagorono ポートフォリオ
改ポートフォリオ1枚目 img_6913
img_5750 img_5744
(株)ボストンクラブでの見学会や学生によるプレゼンテーションの様子。プレゼンでは、招かれたメガネメーカーの社員も真剣に聞き入った

「アイウェア・デザイン」講座を受講したのは、藤田さん、長谷川さん、北野さんを含む17 名の学生。デザインから制作まで、彼らが手がけた眼鏡は、斬新なアイデアにあふれており、オープンキャンパスに招かれた眼鏡メーカーの社員たちを驚かせ、その場で商品化を打診されることに。それも一度に3名が選ばれるというサクセスストーリーに、選ばれた本人たちはもちろん大学側も驚いた。

だが、商品化までの道のりは平坦ではない。
次回、鯖江のプロたちから「商品」を作る厳しさを学んだ、学生たちの姿を紹介する。

後編はこちら


RANKINGー 人気記事 ー

  1. Rank1

    大阪工業大学梅田キャンパス「OIT梅田タワー」外観写真 (1)
  2. Rank2

    011d043bc4070e5bb2c26bf78039ce81121f48be40
  3. Rank3

    ★大正大学書道講座_009
  4. Rank4

    %e5%86%85%e8%a6%b32
  5. Rank5

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

CATEGORYー 新着カテゴリ ー

PICKUPー 注目記事 ー

BOOKS ほとゼロ関連書籍

PAGE TOP