ほとんど0円大学 おとなも大学を使っっちゃおう

  • date:2022.12.22
  • author:城木克弥

大学Webサイトレビュー第2回 ゲームのようなサイトで京都大学をめぐる「探検!京都大学」

探検京都大学0

大学のサイトには、公式サイトや受験生向けサイト以外にも、さまざまなものがあります。「大学Webサイトレビュー」では、そんな大学の知にふれられるもの、ユニークなサイトを紹介。第2回は京都大学が運営している「探検!京都大学」を取り上げます。

 

京都大学といえば日本を代表する大学の一つで、iPS細胞を開発し、ノーベル医学・生理学賞を受賞した山中伸弥先生の研究拠点としても注目されています。

 

今回お届けするのは、京都大学の「おもろい!」をグッと詰め込み、バーチャル探検ができる「探検!京都大学」。現役大学職員として、多くのWebサイトを見てきた筆者がその面白さを紹介します。

 

トップページのスタイリッシュさに驚かされる

「これは大学のWebサイトなのだろうか」。私が「探検!京都大学」を訪れてまず抱いた感想です。

 

コロナ禍の影響もあって、大学ではオンラインでの情報発信に力を入れるところが増えています。「探検!京都大学」も動画などを上手く取り入れており、短時間でも京大の魅力が上手く伝わる有益なコンテンツとなっています。

 

まず訪れてみるとトップページがゲームの街のようなデザインになっていて、とてもポップかつスタイリッシュな印象です。トップページにある建物たちは、京都大学にある施設を表しており(シンボルの時計台も!)、非常に面白みがあります。

 

さまざまな建物にカーソルを合わせてクリックをすることで、地面から建物が現れたり、鐘の音が聞こえたり、中には中に入れる建物など、さまざまな仕掛けがあり、“探検”の演出が感じられます。

この施設をクリックすると……!? どんな建物が現れるか、ぜひサイトをご覧ください

この施設をクリックすると……!? どんな建物が現れるか、ぜひサイトをご覧ください

 

さて、「探検!京都大学」は、下にスクロールしていくことで、さまざまなコンテンツを楽しむことができます。

 

コンテンツとしては、先生の図鑑のほか、ノーベル賞受賞者のメッセージ、これまでの京都大学の発明、学生数などのデータ、京都大学の先生方を動画で紹介した京大シアターといったものがありました。

 

京都大学はフィールドワークをとても大切にしていると、「探検!京大」の紹介ページにありましたが、サイト内を移動して、さまざまなコンテンツを訪れることが「フィールドワーク」を表しているのかもしれないと思いました。

 

そのような魅力あふれるコンテンツがたくさんある「探検!京都大学」の中で、他の大学のWebサイトではあまり見かけず、印象深いと感じたコンテンツを2つ紹介したいと思います。

 

1つは「京大先生図鑑」です。2022年11月現在では、14人の先生が紹介されています

 

大学のWebサイトで先生の紹介というと、どうしても、堅くなってしまいがちですが、「京大先生図鑑」ではほかにはない切り口の質問をすることによって、先生の素の姿が見えて印象的でした。

先生の紹介ページの一部

先生の紹介ページの一部


名前を聞いたことあるような有名な先生の研究がわかりやすく紹介されているほか、「学生時代」「もし京大の先生になっていなかったら」「自分を漢字一文字に例えると」など、フランクな質問にも丁寧に答えてくれていて、とても親近感が湧きます。研究の紹介はもちろんですが、それ以上に先生の人柄を伝えようとする、“中の人”の思いが感じられました。

 

もう1つ印象に残ったコンテンツは「京大データ」です。

 

京大データは単に数字を羅列するだけではなく、イラストなどをうまく組み合わせることによって、訪れた人に視覚的に伝わるコンテンツにしている点がすごいなと感じました。

探検京都大学5

2020年の博士学位授与者数が777名っていうのはラッキーセブンで縁起が良い数字ですね。他人になんだか話したくなります。

 

見ていて飽きないデザインなので最後までどの様なページになっているんだろうと感じて、最後まで見てしまいました。

 

ユーザー視点を感じるこだわりのWebサイト

いまや企業も大学もWebサイトを持っているのが当たり前の時代になりつつあり、訪れた人が面白いと思うコンテンツでなければ、最後まで見てもらうことは難しくなりつつあります。

 

そのような中で「探検!京都大学」は訪れた人が楽しんでもらえるようにデザインの細部まで工夫して作られている点が印象深く感じました。

 

このコンテンツの面白さは、堅苦しいと思われがちな大学の研究等を身近に感じてもらえるよう、誰にとっても分かりやすいコンテンツになっている点です。フィールドワークや探検をしながら大学を知っていくという、Webサイトの作り方はとても斬新で、大人の方でも子どもに戻った気持ちで楽しめるような構成になっていると思いました。

 

スマホで「探検!京都大学」を見てみると、パソコン版とは印象が異なるのも興味深い点です。パソコン版とスマホ版、見比べてみるのも面白いかもしれません。


RANKINGー 人気記事 ー

  1. Rank1

    mein_23
  2. Rank2

    カモノハシ_リサイズ
  3. Rank3

    キイロシリアゲアリ
  4. Rank4

    名称未設定のアートワーク
  5. Rank5

    ヌートリア

CATEGORYー 新着カテゴリ ー

PICKUPー 注目記事 ー

BOOKS ほとゼロ関連書籍

Print

50歳からの大学案内 関西編

大学で学ぶ50歳以上の方たちのロングインタビューと、社会人向け教育プログラムの解説などをまとめた、おとなのための大学ガイド。

BOOKぴあで購入
piamook

楽しい大学に出会う本

大人や子どもが楽しめる首都圏の大学の施設やレストラン、教育プログラムなどを紹介したガイドブック。

Amazonで購入
★関西の大学H1

関西の大学を楽しむ本

関西の大学の一般の方に向けた取り組みや、美味しい学食などを紹介したガイド本。

Amazonで購入
年齢不問! サービス満点!! - 1000%大学活用術

年齢不問! サービス満点!!
1000%大学活用術

子育て層も社会人もシルバーも、学び&遊び尽くすためのマル得ガイド。

Amazonで購入
定年進学のすすめ―第二の人生を充実させる大学利用法

定年進学のすすめ―
第二の人生を充実させる …

私は、こうして第二の人生を見つけた!体験者が語る大学の魅力。

Amazonで購入
フツーな大学生のアナタへ

フツーな大学生のアナタへ
- 大学生活を100倍エキサイティングにした12人のメッセージ

学生生活を楽しく充実させるには? その答えを見つけた大学生達のエールが満載。入学したら最初に読んでほしい本。

Amazonで購入
アートとデザインを楽しむ京都本 (えるまがMOOK)

アートとデザインを楽しむ
京都本by京都造形芸術大学 (エルマガMOOK)

京都の美術館・ギャラリー・寺・カフェなどのガイド本。

Amazonで購入

PAGE TOP