ほとんど0円大学 おとなも大学を使っっちゃおう

  • date:2016.2.12
  • author:岸部賢介

講演×試飲!大阪大学の日本酒サークルイベントに潜入(後編)

e

前回「講演×試飲!大阪大学の日本酒サークルイベントに潜入(前編)」で、大阪大学日本酒サークルが主催した「第2弾スキになる日本酒」の第1部の様子や、日本酒サークルの活動についてお伝えしました。今回はその第2部として行われた、試飲会についてのレポートです。

第1部では、大阪大学にゆかりのある秋田の酒蔵、秋田銘醸、新政酒造、小玉醸造の3つの解説が行われました。第2部ではこれら酒造の酒に、サークルオリジナルの日本酒「hajime」を加え、本格的な試飲会を開催しました。

サークルのオリジナル日本酒、「hajime」。日本酒初心者を意識し、アルコールは抑え目。

サークルのオリジナル日本酒、「hajime」。日本酒初心者を意識し、アルコールは抑え目。

法被を羽織って準備万端。

法被を羽織って準備万端。


椅子が片付けられ、会場の4隅に各日本酒の試飲所が設置されます。参加者も今か今かとその時を待ちます。

待ちきれなさをひしひしと感じます。

説明ののち、いよいよ試飲スタート。和らぎ水もあるので安心。

説明ののち、いよいよ試飲スタート。和らぎ水もあるので安心。


第1部の講演とは打って変わり、にぎやかな声に包まれる会場。酒蔵ごとに4種類の銘柄が置かれ、ぐるぐると人の流れができます。自分もその流れに乗り、全種類コンプリートをめざして回りはじめました。

現存する最古の酵母「6号酵母」の親元、新政酒造が手掛けるその名も「No.6」。

現存する最古の酵母「6号酵母」の親元、新政酒造が手掛けるその名も「No.6」。


とはいえ、今回は取材の身。酔いも回りもほどほどに、参加されている方の姿を少し観察してみると、想像以上に若い方の姿が目につきます。

会場の大部分は学生らしき姿で埋まっていました。

会場の大部分は学生らしき姿で埋まっていました。


もちろん、お酒が好きそうな年配の方の姿もありますが、参加する前はどちらかというと年配の方が多そうなイメージだったので、少し意外でした。大学構内で行われたということもありますが、着実に大阪大学内で日本酒サークルの活動、ひいては日本酒の存在が着実に認知されているのか…と感じ入りました。

シメの挨拶を行う小山代表。みんな、ちゃんと聞きましょう。

シメの挨拶を行う小山代表。みんな、ちゃんと聞きましょう。


楽しい時間はあっという間。小山代表が閉会を告げるシメの挨拶を行い、名残惜しい雰囲気に包まれながら今回のイベントが無事終了。講演と試飲会、なかなか欲張りな構成のイベントでしたが、知識欲と飲酒欲の両方を満たせる大満足なイベントでした。一介のお酒好きとして、こんなイベントがもっとあったら…とつい期待をしてしまいます。今後の大阪大学日本酒サークルの活躍には目が離せません!


RANKINGー 人気記事 ー

  1. Rank1

    大阪工業大学梅田キャンパス「OIT梅田タワー」外観写真 (1)
  2. Rank2

    011d043bc4070e5bb2c26bf78039ce81121f48be40
  3. Rank3

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  4. Rank4

    IMG_1327 のコピー
  5. Rank5

    大阪府立大学「学園菜」

CATEGORYー 新着カテゴリ ー

PICKUPー 注目記事 ー

BOOKS ほとゼロ関連書籍

PAGE TOP