ほとんど0円大学 おとなも大学を使っっちゃおう

  • date:2018.5.24
  • author:花岡 正樹

大学はこう使え! 第11回リラックスに最適! 大学キャンパスで自然を満喫♪

小石川植物園2

歴史的価値のある校舎や、デザイン性あふれる図書館など、大学は学びの場であるとともに見応えいっぱいな観光スポットでもある。そして、大学の建造物もいいのだが、今回はそれ以外の観光地的な要素、大学の自然について取り上げていこうと思う。

花見の季節こそ大学に行こう

まず大学の自然として、よく取り上げられるのが“桜”である。ほとゼロでも、以前、大阪府立大学、中百舌鳥キャンパスの「府大花祭り」をレポートしたことがあるが、桜の名所になっているキャンパスは多い(記事はこちら)。そして、この桜を学生や教職員だけで楽しむのはもったいないと、地域向けの花見イベントを開催するところがけっこうある。

メイン P4036404

大阪府立大学、中百舌鳥キャンパスの桜。撮影日はあいにくの曇り空だった

 

いくつか例を挙げてみよう。校章やシンボルマークのモチーフにも桜を使う跡見学園女子大学の新座キャンパスは、45種類もの桜が咲き誇る名所。3月下旬には「桜まつり」が開催される。大妻女子大学も同じく「大妻さくらフェスティバル」を3月末に開催しており、地域住民に愛されるお花見スポットとして人気だ。他にも、成蹊大学の「成蹊桜祭」や、東京純心大学の「純心桜まつり」などなど、少し探すだけでも次から次へと見つけることができる。

 

 これって花見の時期に書くべきだろう…という指摘を受けそうだが、まぁそれには耳を閉じといて、と。このように、大学には格好の花見スポットがあるのだ。しかし、忘れてはいけないのは、大学は学び場であるということ。酒を飲んでのランチキ騒ぎは御法度である。静かな心で、桜を愛でて欲しい。

休日におすすめ! 大学附属の植物園

薬学系や理学系の学部学科がある大学のなかには、植物園を持っている大学がある。この植物園というのも、大学の自然を楽しめるスポットだ。有名どころを挙げるなら、これまたほとゼロで以前取り上げた、東京大学の小石川植物園こと東京大学大学院理学系研究科附属植物園(記事はこちら)や、大阪市立大学理学部附属植物園、北海道大学植物園あたりかと思う。

小石川植物園1 小石川植物園_036

161,588m2(48,880坪)という広大な敷地をもつ東京大学大院理学系研究科附属植物園
 

これら大学附属の植物園は、入場料が数百円と格安なうえに、休日であってもテーマパークのように激混みすることがまずない。さまざまな植物を観察しながら歩き回るもよし、自然のなかを子どもとめいっぱい遊ぶもよし。私も何度か訪れたことがあるのだが、これが思いのほか楽しいのだ。

 

また、小石川植物園には、ニュートンが万有引力を発見するきっかけになったリンゴの木が分譲されていたり、学術的価値や逸話のある植物もこれら植物園にはちらほらとある。入り口でもらう園内ガイドを手に、こういった植物を探してみるのもいいだろう。

キャパスの自然をイベントで堪能

最後に、キャンパスそのものが自然の宝庫、という大学もある。広大な敷地のあるキャンパスそのものに、森林や山がくっついている大学だ。法政大学の多摩キャンパスは、東京ドーム10個分の面積に相当する約46 haの森林があるし、大阪大学の豊中キャンパスには待兼山という山がキャンパスのなかにある。

 

 こういった大学では、自校の自然を活かしたワークショップや講座を地域向けに開催していることが多く、それらに参加することで自然を満喫することができる。たとえば、阪大では待兼山を舞台に「阪大植物探検隊」というプログラムを毎年春と秋に開催している。このプログラムでは、阪大の教員と待兼山を散策し、その後に講義を聴いて、阪大の自然を堪能する。こちらのレポートを、ほとゼロに掲載しているので興味のある方はぜひ読んで欲しい(記事はこちらこちら)。

IMG_0015 中山池周辺にあるドウダンツツジ

大阪大学の人気プログラムとなっている「阪大植物探検隊」

 

大学といえば、アカデミックな場所、文化的な場所というイメージが先行しがちだ。でも、実はそれだけじゃない。自然というのも、そんな知られざる顔の一つのように思う。初夏の日差しが気持ちのいい日が続いている。ぜひ誰かと一緒に、また一人で、大学の自然を楽しみに出かけてみてはいかがだろう。気分爽快になること間違いナシである。

 


RANKINGー 人気記事 ー

  1. Rank1

    c2e580c9bbd01a22c501b7be2a1fb4a1_m
  2. Rank2

    アイキャッチ
  3. Rank3

    れあた_アイキャッチ
  4. Rank4

    大学生におなじみ、生協の学食です
  5. Rank5

    pa047241

CATEGORYー 新着カテゴリ ー

PICKUPー 注目記事 ー

BOOKS ほとゼロ関連書籍

piamook

楽しい大学に出会う本

大人や子どもが楽しめる首都圏の大学の施設やレストラン、教育プログラムなどを紹介したガイドブック。

Amazonで購入
★関西の大学H1

関西の大学を楽しむ本

関西の大学の一般の方に向けた取り組みや、美味しい学食などを紹介したガイド本。

Amazonで購入
年齢不問! サービス満点!! - 1000%大学活用術

年齢不問! サービス満点!!
1000%大学活用術

子育て層も社会人もシルバーも、学び&遊び尽くすためのマル得ガイド。

Amazonで購入
定年進学のすすめ―第二の人生を充実させる大学利用法

定年進学のすすめ―
第二の人生を充実させる …

私は、こうして第二の人生を見つけた!体験者が語る大学の魅力。

Amazonで購入
フツーな大学生のアナタへ

フツーな大学生のアナタへ
- 大学生活を100倍エキサイティングにした12人のメッセージ

学生生活を楽しく充実させるには? その答えを見つけた大学生達のエールが満載。入学したら最初に読んでほしい本。

Amazonで購入
アートとデザインを楽しむ京都本 (えるまがMOOK)

アートとデザインを楽しむ
京都本by京都造形芸術大学 (エルマガMOOK)

京都の美術館・ギャラリー・寺・カフェなどのガイド本。

Amazonで購入

PAGE TOP